ポスティングを成功させるコツ8選!事前準備やポイントを紹介

Mictegs
監修者
Mictegs 代表 マーケティンドクター 小山 司朗
最終更新日:2024年04月05日
ポスティングを成功させるコツ8選!事前準備やポイントを紹介
この記事で解決できるお悩み
  • ポスティングの事前準備のコツは?
  • ポスティングを成功させるコツは?
  • ポスティングでトラブルを避けるポイントとは?

広告物を郵便受けへ投函するポスティングには、効果的におこなうためのコツがあります。ポスティングのコツを知ることで効率よく広告を配布でき、店舗への集客が成功しやくなるでしょう。

この記事では、集客効果の高いポスティングを実現したいと思っている広報担当者に向けて、ポスティングのコツを紹介します。記事を読み終わった頃には、効率よくポスティングできるようになるでしょう。

ポスティングの事前準備やトラブルを避けるポイントも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

ダイレクトメールの依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの代行会社に依頼したらいいかわからない
  • 見積もり金額を安く抑えたい
  • 継続的に費用が発生するのか知りたい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の集客・営業代行会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

ダイレクトメールに対応できる業者を一覧から探す

ポスティングの事前準備のコツ3選

名称未設定のデザイン (4)

ポスティングを成功させるためには、事前準備が大切です。ここでは、ポスティングを成功させる事前準備のコツを3つ紹介します。

  • ポスティングの目的をはっきりさせる
  • ターゲットと地域を決める
  • ターゲットが興味を持つデザインにする

それぞれ解説します。

1. ポスティングの目的をはっきりさせる

ポスティングをおこなう前には、目的をはっきり決めることが大切です。目的がはっきりしていない場合、ポスティングは効果的な広告にならず、無駄な費用になる可能性があります。

ポスティングの目的の設定は以下の例が挙げられます。

  • 新規顧客の獲得
  • 商品やサービスの告知
  • 自社のPR

上記の目的に応じて、配布するチラシの内容やターゲット層、地域など具体的な戦力を立てられます。

2. ターゲットと地域を決める

ポスティングをする際には、事前に配布するターゲットと地域を決めましょう。

ターゲットを絞り込むことで効率的に配布でき、地域を限定することで、無駄なコストを抑えられます。

たとえば、ファミリーレストランの広告を配布する場合、主なターゲットは家族や子育て世代です。配布する地域は、幼稚園や小学校周辺など子育て世代が多い場所が最も効率的になります。

コストを抑えて最大限の広告効果を期待するためにも、事前にターゲットと地域を決めましょう。

3. ターゲットが興味を持つデザインにする

ポスティングで配るチラシは見た目が大事です。見た瞬間に何を訴求しているのかがわかるチラシでなければいけません。

ポスティングされるチラシは、ほとんどの場合折りたたまれた状態で届けられます。そのため、折りたたまれた状態でも訴求ポイントが一目でわかる必要があります。

ポスティングのデザインは折りたたむことを想定して作成しましょう。

顧客の消費行動は、商品やサービスに興味を持つことから始まります。目を惹くキャッチコピーやサンプル商品によって消費行動に誘導することが大事です。

ポスティングを成功させるコツ5選

名称未設定のデザイン (5)

事前準備を万全におこなっても、ポスティングが成功するとはかぎりません。

ここでは、ポスティングを成功させるコツを5つ紹介します。

  • 店舗周辺を優先する
  • 反応率を高めるタイミングを見極める
  • 悪天候の日には行わない
  • 便利グッズを使う
  • 自転車やバイクを使い移動時間を短縮させる

より効果的なポスティングを実現するために、ぜひ参考にしてください。

4. 店舗周辺を優先する

ポスティングをおこなうときには、店舗周辺の地域を優先して配ることが大切です。

店舗周辺で配るメリットは以下のとおりです。

  • 土地勘があり移動時間が少ないため配布が簡単
  • チラシを見た消費者が来店しやすい
  • 新しい顧客の獲得がしやすい

店舗周辺には住宅街や商業施設、オフィス街などが集まっているため、さまざまな層にリーチできます。近隣の人々は、店舗へのアクセスが容易であるため、情報を受け取ってからの来店率も高くなります。

チラシを見た顧客は店舗に来店しやすく、新しい顧客の来店ハードルも下げるため、店舗周辺からチラシを配りましょう。

5. 反応率を高めるタイミングを見極める

ポスティングの反応率とは、チラシを配布した数に対して、実際に反応があった人数の割合を示す指標のことです。

ポスティングには下記のように最適な時間帯や時期があります。

早朝 新聞と一緒に手に取るため、出勤前や外出前に目にしてもらいやすい
夕方 会社から帰宅する際に、郵便受けの中身をとって家の中に入りやすい
金曜日・土曜日 多くの世帯が土日を休日としているため、家族と相談して購入検討する時間を設けることができる
連休前 連休中はサービスの利用をしてもらえる可能性が高い傾向にある
給料日・ボーナス時期 手元にお金があると、財布の紐が緩くなってしまうため、高額商品のサービスが売れやすい

夜間〜深夜にかけてのポスティングは不審者として通報される可能性があるため、時間帯を避けておこないましょう。

6. 悪天候の日には行わない

ポスティングは、悪天候の日を避けましょう。悪天候の日は、配布物が濡れたり、風で飛ばされたりする可能性があります。

ポスティングには悪天候の日は避け、晴れた日におこなうことが重要です。天候に左右されずに配布物を効果的に配るためにも、天気予報を確認して作業日を選ぶことがおすすめです。

7. 便利グッズを使う

便利グッズを使用することで、配布作業がスムーズかつ効率的にできます。ポスティングには、指サックが便利です。指サックを使うことで、配布作業をスピードアップできるため、より多くのポスティングが可能です。

ポスティングでは大量のチラシやパンフレットを手で配布するため、指先が痛くなってしまったり、手が荒れてしまう可能性があります。

ポスティング作業で効率的に配布し、手を保護するためにも便利グッズを活用しましょう。

8. 自転車やバイクを使い移動時間を短縮させる

ポスティングを成功させるためのコツの1つは、自転車やバイクを使い移動時間を短縮させることです。徒歩の場合、時間がかかり疲れやすくなります。

自転車やバイクにはカゴがついているため、より多くのチラシを少ない労力で運搬できます。

自転車やバイクを使って移動時間を短縮し、より多くの場所を回れるようにしましょう。

ポスティングでトラブルを避けるポイント3選

名称未設定のデザイン (3)

ポスティングのコツを知っていても、トラブルを避けるポイントを知らなければ、問題が起こる可能性が高いです。

ここでは、ポスティングでトラブルを避けるポイントを3つ紹介します。

  • 「チラシお断り」の家には配らない
  • 立ち入り禁止区域では配らない
  • トラブルが起こったところはメモを残す

それぞれ解説します。

1. 「チラシお断り」の家には配らない

「チラシお断り」の家にはチラシを配らないようにしましょう。「チラシお断り」のステッカーを貼っている家は、明確に広告物の受け取りを拒否しています。

チラシお断りの家にチラシを配ることで、住民からクレームがくる可能性が高いです。
住民からのクレームが起こらないためにも「チラシお断り」の家に配ることは避けましょう。

2. 立ち入り禁止区域では配らない

立ち入り禁止区域にはポスティングを配らないようにしましょう。

立ち入り禁止区域には、侵入禁止の危険な場所やプライバシーに関わる場所が含まれることが多いです。そのため、ポスティングを配ることでトラブルが起きる可能性があります。

たとえば、施設の敷地内や私有地、建設中の現場などです。一般的な住宅街でも、立ち入り禁止の区域があるため、地図で確認しましょう。

ポスティングではトラブルを避けるためにも、事前に地図を確認し、問題のある場所を探す必要があります。

3. トラブルが起こったところはメモを残す

ポスティングでトラブルを避けるには、トラブルが起こったところをメモすることが重要です。

たとえば、住所が間違っていたり、ポスティング禁止エリアだったり、すでに配布済みのチラシを配布してしまったりなどです。

メモする方法には以下の手段があります。

  • 地図アプリでトラブルが発生した場所をピンマークする
  • 紙の地図やメモ帳に手書きでメモをする
  • カメラを使って、トラブルが発生した場所の周辺や建物を撮影する

ポスティングでトラブルを避けるためには、トラブルが起こった場所をメモしておき、次回の配布時に同じトラブルを回避しましょう。

ポスティング後は効果測定が重要

ポスティング後に効果を上げるためには、効果測定が重要です。1度配っても、チラシをもらった人の反応がわからないため、改善ができません。

効果測定するための主な方法は下記のとおりです。

  • 配布した広告にクーポンを付けて回収率を見る
  • 購入動機のアンケートをとる
  • チラシにQRコードを貼る

ポスティングの効果測定には、複数の方法を組みあわせておこなうことが重要です。測定したデータを分析し、今後のポスティング戦略に活かしましょう。

まとめ

ポスティングの事前準備のコツや成功させるコツ、トラブルを避けるコツなどを解説しました。ポスティングではターゲットと配布する地域を間違えてしまうと、効果が薄く、非効率になります。

しかし、自社の社員だけでは、ポスティングする数が多すぎて、人材が足りない場合もあるでしょう。ポスティングの専門業者に依頼することがおすすめです。

ポスティングの専門業者に依頼する場合は「比較ビズ」を利用しましょう。比較ビズは無料の比較サイトで、2分ほどの簡単な情報入力で、多数のポスティング業者を比較できるため、ぜひ1度比較ビズを利用してください。

監修者のコメント
Mictegs
代表 マーケティンドクター 小山 司朗

【旅するマーケティングコンサルタント】SNS運用代行からマーケティングコンサルティング事業まで、マーケティングのあらゆるサービスを提供するマーケティングドクターを運営(運営:Mictegs)|アパレルEC取締役(CMO)→2020年5月起業→物販系ベンチャー企業執行役員(COO)兼務(〜21年9月)→2022年1月〜NY|衰退産業を150%成長・サポート企業3倍成長を実現|結果を出すには超シンプル!いかに現状分析からの戦略的PDCAを超高速で回し成功を導き出せるかです。

結論からお伝えすると、施策としてポスティングを検討されている場合は、ポスティング専門業者に依頼するのがお勧めです。

ただ、作業を依頼するにしても、一度はセルフポスティングをして、どのような作業をやっているのか、効果を上げるためにはどうするのがいいのかを、自分なりに把握しておくことが非常に大切です。

でないと依頼する業者、依頼した業者が効果的な運用を行ってくれるかの判断が難しくなりますからね。そして、ポスティングで効果を上げるには、配り方もそうですが、チラシのキャッチコピーやデザイン(構成やサイズ、折り方など)がかなり重要となります。

業者を選ぶ際には、このあたりで実績や経験から効果の出る提案をしてくれるかどうか、ということも判断基準にしていただくといいと思います。
比較ビズ編集部
執筆者

比較ビズ編集部では、BtoB向けに様々な業種の発注に役立つ情報を発信。「発注先の選び方を知りたい」「外注する際の費用相場を知りたい」といった疑問を編集部のメンバーが分かりやすく解説しています。

ダイレクトメールの依頼にお困りではありませんか?

もしも今現在、

  • どの代行会社に依頼したらいいかわからない
  • 見積もり金額を安く抑えたい
  • 継続的に費用が発生するのか知りたい

上記のようなお困りがありましたら、比較ビズへお気軽にご相談ください。比較ビズでは、複数の集客・営業代行会社に一括で見積もりができ、相場感や各社の特色を把握したうえで業者を選定できます。見積もりしたからといって、必ずしも契約する必要はありません。まずはお気軽にご利用ください。

ダイレクトメールに対応できる業者を一覧から探す

アンケート募集中

比較ビズでお仕事を受注したい方へ

資料請求はこちら