必ず効果が出るランディングページのデザインと構成の重要ポイント

更新日:2020年05月22日 発注カテゴリ: ホームページ制作・デザイン
必ず効果が出るランディングページのデザインと構成の重要ポイント

ランディングページに来る人は、すでにそこで紹介されている商材についてある程度の興味を持っていることがほとんどです。そのため、いかにしてこのページ内で購入に結びつけるかということがカギとなります。そのためのキーとなるのが見やすい構成とデザインです。

関連する記事

ランディングページの基本的な構成は?

ダラダラと商品について説明をするのではなく、シンプルでありながらも考え抜かれた構成のページを作ることで、コンバージョン率をアップさせることができます。まず、ランディングページの基本的な構成を見て、どのような流れで訪問客がページを読んでいくかを確認することが大事です。

ランディングページは主に、4つの構成でできていることが多くなっています。まず、ファーストビューもしくは「つかみ」の部分です。ここは、訪問者の興味を引くためにキャッチーな表現を使って、分かりやすく商品の特徴を伝えます。

できるだけ一言で表現できるようなコピーが効果的で、商品の良さをすぐに理解できるものがベストとなります。このファーストビュー次第で、他のサイトに流れてしまうことも多いので、最も表現やデザインにこだわりたい部分となります。

次に、商品の売りの部分を強調することになります。その商品を使うとどんな効果があるのか、何がその効果を引き出すのかなどを説明する部分となります。あまり細か過ぎる、専門的過ぎることなくメリットを表に出す部分と言えます。

こうすることで、読んでいる人の気持ちをつかむことができます。ここでのポイントは、売り文句はできるだけ短くシンプルにするということです。場合によっては一つずつを箇条書きにするという手もあります。

商品の良いところは、ついつい気持ちを入れて強調したくなってしまうものですが、読者からすると長い文章は飽きてしまうだけですし、あまり押しが強いと胡散臭いという印象を持ってしまうことも多いものです。

構成の3つ目の部分としては、商品の詳細を説明するようにします。ここでは、商品の原料や材料、作り方、成分などを紹介して、読んでいる人が商品の細かいところを把握できるようにします。

その上で、どうしてその商品に効果があるのかなどを、グラフや図などを使って説明することで、より分かりやすく理解してもらえます。専門的な用語などを入れると内容が難しくなってしまうのではないかと心配になることもあるかもしれませんが、ある程度こうした用語は入れた方が良いでしょう。

というのも、専門的な説明が加わることで、読んでいる人はしっかりとした科学的な根拠があるということを理解できるようになって、たとえその用語についての知識がないとしても、商品への不安を取り除けるからです。

そして、ネットショッピングのデメリットである、実際の商品を手に取れないという点を解消するように努めます。写真をいろいろな角度から撮って、全体を確実に見られるようにします。また、手に取った感触や大きさ、雰囲気などを細かく説明して具体的なイメージを持たせるというのも大事なポイントとなります。

構成の最後の部分には、口コミやユーザーレビューを入れることが多くなっています。商品の説明ですでに不安を取り除くことができているかもしれませんが、実際に使った人の声があると、その信頼がより高まります。

また、使用した感覚や効果が出てきた期間、どんな人が使って良かったと思っているのかなどを知ることができます。共感意識が高まりますので、商品を買ってみようかという気持ちが高まるのです。

また、使い方やアフターフォローについてなど、顧客が不安もしくは疑問に思うことを取り上げるのも大事です。口コミという形で、ユーザーの疑問に答えることによって、より商品と販売者への安心感を強めることができます。

購入への最後のダメ押しのような部分ですので、口コミ部分をおろそかにせずきちんと作り込んでいくことが大事です。

ランディングページをデザインする上で大事なグラフィックスの使い方

ランディングページは、全体的にできるだけ見やすくシンプルにデザインするのが基本となります。文字が多く、たくさんの情報を読まなければいけないという印象を与えるデザインはいけません。

特に最近はスマホで気軽にサイトを見る人が多くなっていますので、文字が多いとすぐに飽きてしまって、他のサイトに移ってしまうのです。そこで、さっと気軽に読める作りにすることが、コンバージョンまで結びつくランディングページの基本となります。

そのためにも、必要な情報を伝える時には、短い文章の塊にして配置します。そして、大きなフォントを使って誰でも素早く読めるようにすることも肝心です。

もう一つのポイントは図や写真を多く使って、視覚的なゆとりを与えるということです。伝えたい情報を文字で説明するよりも、グラフィックスで伝えた方が読者の食いつきがいいですし、心に訴えかけるものがあるからです。

そのため、それぞれの商品説明のポイントごとに必ずグラフィックスを入れるようにして、楽に最後まで読めるようにしましょう。特に商品の詳細を説明する時には、文字だけだと飽きてしまうことが多いので、グラフや写真をこまめに挿入します。

たとえば、健康食品やサプリメントなどの商材であれば、成分や原料を単に文字の箇条書きにするのではなく、それぞれの原料の写真を入れていくことで、視覚効果を上げることができます。たとえ一般的ではない成分であっても、現物の写真があるとなんとなく理解したような気持ちになれるものなのです。

申し込みボタンをそれぞれの構成ごとに入れる

ランディングページの目的は、単に商品の説明で終わることではなく、あくまでも一気に購入に結びつけることです。そのため、ページの各部分に申し込みボタンもしくは申込フォームに行くリンクを挿入するようにしましょう。

その際には、大きめのボタンで目立たせるようにして、デザインのメリハリをつけることが大事です。ファーストビュー、商品の売り、商品詳細説明、口コミのどの部分で購買意欲を高められるかは、読んでいる人それぞれで異なりますので、どこで気持ちが高まってもいいように、それぞれの部分の終わりに申し込みボタンを配置するのがベストです。

まとめ

ランディングページは、その構成とデザインによって明らかにコンバージョン率が変わってきます。同じ条件で同じ価格で売っていても、ページの作り方で相当売り上げに差が出るのです。

そのためにも、基本的な構成である、キャッチーな表現を用いたファーストビュー、商品メリットを強調する売りの部分、顧客を納得させる商品詳細の説明、そして安心感を与える口コミというパーツを作っていくことが大事です。

そして、全体的に見やすくシンプルなものにする、グラフィックスを多用して気軽に読んでいけるデザインとします。文字が多いと、すぐに訪問客は飽きて移動してしまいますので、さっと最後まで読んでいける作りにすることが成功のカギです。

さらに、それぞれの部分に申し込みボタンを配置するようにして、すぐに購入へと誘導できるようにします。どの部分で購入を決意するかは人によって異なりますので、どこで決意してもいいように各所にボタンを配置しておくことが必要となります。

こうしたポイントを押さえ、いろいろなページを作って分析していくうちに、売れるランディングページのポイントがつかめてきます。売れるルーティーンを自分なりに発見して、それを続けていくようにしましょう。

ホームページ制作・デザインを一括見積もりで発注先を楽に探す
比較ビズへ掲載しませんか?

ホームページ制作・デザインに関連する記事

Web制作会社・システム開発会社に関連する記事

カテゴリ一覧

人気記事

ホームページ制作・デザインの最新記事

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始
  • 複数の業者・専門家から提案が入る
  • ピッタリの一社を見つけよう

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営15年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

営業活動でよくある悩み

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら