税務調査対策の料金相場と、税理士・会計士の選び方のポイント「比較ビズ」

税務調査対策の料金相場と、税理士・会計士の選び方のポイント

税務調査対策の料金相場と、税理士・会計士の選び方のポイント

税務調査対策の相場情報をまとめました。税理士・会計士に依頼した際の費用を知りたい、現在契約中の税理士・会計士の費用が適正か知りたい、という方は必見です。また無料で多くのに見積もりを取ることで、より正確な料金体系を把握することができます。

税務調査は国税局又は税務署の所掌の部門で、税歴表及び申告書を検討して、 統括官(統括国税調査官)が調査担当者(上席国税調査官、国税調査官、事務官、国税局では主査)に指令します。
調査の1〜2週間前には、顧問税理士及び調査する会社の社長に電話連絡をしています。 何年に一回ぐらい調査に入るかは決まってはいませんが、会社の規模、業績及び過去の調査事績等により異なってきます。
税務署の特別調査官が所掌する会社では2年おきぐらいですが、 売上が数千万円以下の零細な会社等はほとんど調査は行ってはいません。
この税務調査に対して立会担当者の決定や帳簿伝票類の点検、身辺整理などの事前準備が税務調査対策となります。

調査にかかる時間を軽減

税務調査の対策・事前準備を怠ったために、調査に半年近くもかかってしまったというケースもあります。

高額な追徴課税を回避できる

税務調査で税務署に一旦目を付けられてしまうと、高額な追徴課税を飲まざるを得ない場合もあります。税務署は追徴金が取れると思うから税務調査に来るので、これを逃れることは容易ではないのです。
事前の申告などに不備や漏れがないよう対策すれば、税務調査そのものを回避でき、高額な追徴課税を払うこともないのです。

現状把握

最初の流れは、会社の責任者とのあいさつと、会話から始まります。税務調査に限らず、挨拶から始まりちょっとした雑談をするのは、商談の流れと同じですよね。

資料の調査

次に帳簿や納品書、請求書、領収書などといった資料の調査へと流れていきます。 このとき、税務署の人と話をするのは、出来る限り、責任者であることが望ましいそうです。
責任者が、会社の事業内容や事業取引の流れなどについて知らぬ存ぜぬと言うのはおかしいし、経理について専門のことまでは分からなくとも、ある程度のことは知っていなければいけないからです。
ここで、知らないと一言発してしまうと、税務署の人は、「あやしい」と思い、より時間のかかる流れへとつながってしまいます。 経理担当者を指名してくるまでは、対応は責任者がおこなうのが最善と言えるようですね。
零細企業であれば、税務調査は1日で終わることもあるそうです。大抵は、2日程度で終了です。

税理士を選ぶには「御社が何を重要とされているか?」で選ぶポイントが変わってきます。

信頼性

そもそも、税務調査の目的は「申告内容が正しく適正であるかどうかを確認すること」にあります。したがって、普段から正しい経理処理をしておけば、恐れることは全くありません。
さらに、調査官が重視するのは上記の書類のほか、総務・経理担当者が直接管理しないような 日程表、受注簿、現場の作業日報 などです。 「あるべきはずの資料」が無い場合なども調査官が不信感を抱くことになります。最近では 取引先や社員同士でのパソコンのメールも重要な証拠として調べられます。
税務調査にはこれらの書類などが鍵になるため、きちんと保管・管理し、正しい申告をしてくれるかは非常に重要な要素になります。

実績とノウハウの有無

調査における税理士の仕事は、税務署がダメと主張する部分を論理的にグレーゾーンに持ち込むこであると考えます。税務署の言いなりになるのではなく、筋を通すべきところは通す必要があり、税務署も納税者側に抗弁されると必ずしも強く反論できるわけではありません。
また、会社側の完全な誤りの場合には、それを認めたうえでの今後の改善を含めた交渉ということにならざるを得ません。 税務署とのやり取りや、いかなる結果にも対応できる実績・ノウハウを持つ税理士ならば安心感もあがります。

税務相談1時間の料金例 5,000〜10,000円
修正申告書1税目1年度の料金例 5,000〜25,000円
税務調査立会い1時間の料金例 10,000〜30,000円

必要事項に入力するだけですぐに終わる、簡単2分の無料一括問い合わせができます。
御社の条件にピッタリの税理士・会計士が見つかり、これでどの税理士・会計士にしようか迷うこともありません!

税理士・会計士の相場情報

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営11年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら