少額訴訟代理 を探す「比較ビズ」

日本最大級ビジネスマッチングサイト

少額訴訟代理
比較ビズなら完全無料で見つかる

完全無料!たったの120秒で匿名見積もりができます。

少額訴訟代理 について

「10万円の交通事故の修理代を相手が支払ってくれない」「30万円を知人に貸したが返してもらえない」でも弁護士へ依頼するほどではないとお考えの方、司法書士にご相談ください。少額訴訟は通常の訴訟と異なり、簡易的で迅速な解決を図るための特別処理手続きがあります。少額ではあるが裁判を起こしたいとお考えの方、まずはお気軽にお問い合せください。

比較ビズ3つの特徴

  • 日本最大級のマッチングサイト

    日本最大級のマッチングサイト

    比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」BtoBマッチングサービスです。日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営11年目となります。

  • 0円でご利用できます

    0円でご利用できます

    掲載企業からの広告費で運営しているため、ご利用にあたり費用は一切かかりません。お問合せ=契約ではないので、妥協せずに条件に合った一社を探すことができます。

  • 充実のサポート体制

    充実のサポート体制

    お仕事の依頼や見積りに関してお電話でサポートいたします。お問合せ後もヒアリング担当より詳細な内容をお伺いし、ピッタリの一社を見つけるためのサポートをいたします。

一括見積もりで発注業務がラクラク!

  • 無料一括見積もりで募集開始!

    無料一括見積もりで募集開始!

    ご希望の条件を入力して送信するだけ。掲載者からの会費で運営しているので、ご利用者様からは一切費用を頂いておりません。

  • 複数の業者・専門家から提案が入る

    複数の業者・専門家から提案が入る

    ご希望に応えられる業者のみお客様情報が公開されて直接返事が来ます。連絡が入り過ぎないように提案上限数を予め設定できます。

  • ピッタリの一社を見つけよう

    ピッタリの一社を見つけよう

    直接会って話しを聞いたりした上で、ご納得頂けたら契約します。必ず契約しないといけない訳ではありませんのでご安心ください。

少額訴訟代理 を一覧から探す

0件中1〜0件を表示中

少額訴訟代理とは

司法書士に小額訴訟の代理を依頼した場合、どうなるのか。費用はいったいいくらかかるのか。依頼したいけど気になる部分が多いものですよね。たとえば規模のあまり大きくない中小企業でも、店舗でも個人事業でも売掛金が回収できなかったり、弁護士に頼むほどではないけどちょっとしたトラブルに対応してもらいたいという場合があると思います。

少額訴訟とは、一般的には140万円以下の案件を言います。またこれは依頼する側にとっては金額にかかわらず、すっきりしたい案件が多いものです。司法書士事務所では,費用については受ける前にきちんと内容を把握し、説明および依頼側の納得したうえで受けるのが前提です。自身がいくら相手に請求をしても無理だった場合には、法的手段により回収や訴訟を起こす必要が出てきます。

無駄な費用が生じないよう配慮しつつ、費用軽減、援助制度などを積極的に提案や利用をしてくれる司法書士もいます。依頼人が負担をできるだけなくすような形で少額訴訟も進めてくれるなら、安心して任せることもできるのではないでしょうか。

費用面については依頼をする前によく説明を受けて、納得いく場合のみ依頼するようにして下さい。費用は成功報酬制にしてくれる司法書士もいますし、分割に応じてくれる場合もあります。お金がないからという理由で法的救済をあきらめる必要はありません。

司法書士は、裁判所提出書類作成や簡易裁判所訴訟代理が行えますので少額訴訟の際には弁護士よりもリーズナブルでスピーディにできる司法書士事務所も視野に入れてみて下さい。簡易裁判所や家庭裁判所に提出する書類の作成も司法書士で代行出来ます。

簡易裁判所は、たとえば、売掛金未回収で140万円以下の場合などが司法書士が対応できる範囲です。弁護士の場合は着手金や成功報酬を視野に入れると手元にいくらも残らないという事も考えられます。その点司法書士ならリーズナブルに対応が可能なのです。

認定司法書士が行えるのは次のような業務です。

1.裁判所に提出する書類を作成する
訴状、陳述書、答弁書、支払督促申立書、督促異議申立書など
2.簡易裁判所における140万以下の訴訟・少額訴訟の代理
3.簡易裁判所における支払督促の手続き代理
原告と被告両方において司法書士が代理になれます
4.140万円以下の紛争について裁判外の和解を代理すること

利息を入れて140万以上でも元金が140万円までなら代理訴訟が出来ます。 簡易裁判所の訴訟代理は、認定司法書士しか行えません。(書類作成は認定司法書士でなくても可能です)

料金設定も司法書士事務所のほうが弁護士事務所より安価なことが多いです。 ぜひ、個人事業や中小企業の方は覚えておくとよいでしょう。

少額訴訟代理を司法書士へ依頼する流れ

少額訴訟を司法書士に依頼する場合の流れを大まかに見てみましょう。 認定司法書士が簡易裁判所で訴訟代理できる金額は、元金140万以下の場合です。

  • 元金が140万円以下の債権の場合はまず無料相談

    大体の事務所が無料〜5000円以内で無料の相談とシュミレーションをしてくれます。認定司法書士がいる事務所を選んで、140万円以下の訴訟をしたほうが早そうなら依頼のための現状相談をしてみましょう。

  • 見積もりや着手金などを確認

    事務所によっては着手金ゼロで行ってくれる場合もありますし、訴状でいくら、回収後にいくらなどと項目ごとに設定されていることもあります。正確な見積もり内容をきちんと説明してもらい、納得したうえで依頼するかどうかを決めましょう。

  • ヒアリング内容を基に簡易裁判所向け訴状を作成

    内容に納得して、司法書士に少額訴訟を行ってもらえるようになったら、簡易裁判所向けの訴状を作成してもらいます。この訴状は認定司法書士でなくても対応できます。話の内容をきちんと訴状にまとめてもらう様にしましょう。金額を請求する場合には、簡易裁判所に支払督促申立書の作成もお願いしましょう。

  • 答弁書を待つ

    訴状を裁判所が受理したら相手の答弁書を待ちます。相手側も弁護士か司法書士に代理で依頼することが多いようです。

  • 簡易裁判所へ出廷

    認定司法書士は、原告に代わって裁判所へ行くことができますが、一緒に行くこともできます。、相手と顔を合わせたくないなどの場合は認定司法書士に委任して構いません。通常簡易裁判所への出廷は1回で審議されることが多いです。(特別なことが無い限り)また和解条件についても詰めておけば、うまくいけば認定司法書士が和解に持ち込んでくれることもあります。

少額訴訟代理に強い司法書士の選び方

司法書士は法務省の認定を受けると認定司法書士として簡易裁判所の訴訟を代理することが出来ます。中小企業や個人事業などの経営者は弁護士に頼むほどの採算がないけれど、解決できるならどうにかしたいという場合も多いようです。少額訴訟を司法書士に依頼するためのポイントをまとめました。

  • 少額訴訟にも慣れている認定司法書士のいる事務所を選ぶ

    認定司法書士であれば140万円以下の案件は交渉・和解・訴訟代理が可能です。費用的にも弁護士高額な着手金や成功報酬を取らないところが多いので、司法書士が介入して解決しそうなものの場合は、少額訴訟実績が多い認定司法書士の事務所に相談しましょう。

少額訴訟代理の料金相場

請求金額 料金相場
50万円未満 10%程度
100万円未満 7万〜8万円前後
140万未満 10万円前後

成功報酬については回収金額の10%未満のところが多いようで、着手金はない事務所もあれば案件金額により異なる場合があります。訴訟に関わる実費平均は(書類作成や印紙等)25000円前後で書類は訴訟内容により異なります。その他、郵便料金等の実費がかかります。

依頼を行う前に司法書士へ相談を行った場合は相談料が発生する場合もあります。平均して30分〜1時間で5,000円程度ですが、初回は無料で相談を受け付けてくれている司法書士事務所もありますし、案件を依頼すると無料にしてくれるところもあります。

もし本人が裁判所での手続きを全て行い、訴状の作成のみを依頼した場合は30,000円前後必要となり、裁判後の成功報酬として回収額の8〜10%を見ておくとよいでしょう。

少額訴訟代理のよくある質問

  • 認定司法書士がいない事務所で訴訟はしてもらえるのですか

    認定司法書士がいない事務所の場合は、訴訟にかかわる書類作成までは可能ですが、実際の手続きや訴訟の代理は出来ません。書類作成のみをお願いして後は自分でやるか、という形になりますので出来れば認定司法書士のいる事務所に依頼したほうが良いです。

  • 相手が訴訟に応じない場合はどうなりますか

    訴訟を起こして相手が応じない場合には、全面的にあなたの言い分が通ります。要するに不戦勝という形で採番は進みますので、相手も答弁しない限り欠席裁判となります。判決があなたの言うとおりにおりれば、債権は財産などから差し押さえをする強制執行もあり得ます。訴訟を起こされたら起こされたほうもきちんと対応しないと、良い結果にはならず、不利益を講じます。

  • 弁護士に依頼する場合との違いを教えてください

    一番の違いは費用でしょう。着手金や成功報酬は弁護士の方が高額なので少額の訴訟であれば弁護士に依頼すると手元に残るお金がわずかになった(なくなった)という事もあります。しかし、司法書士に依頼すれば弁護士よりもリーズナブルに代行してくれるので、せっかく回収したお金を全部つぎ込むという事になりません。特に個人事業や中小企業の相談ごとは、手元に残る資金が少しでも多い方が良いです。140万円以上の場合には弁護士と相談しなければいけませんが、ケースバイケースで手早く確実に回収できる140万円以下の場合には費用が弁護士よりもリーズナブルな認定司法書士に依頼したほうが結果的に多くの資金を残すことが出来るのです。

不透明な見積もりを可視化できる「比較ビズ」

比較ビズは「お仕事を依頼したい人と受けたい人を繋ぐ」ビジネスマッチングサービスです。
日本最大級の掲載企業・発注会員数を誇り、今年で運営11年目となります。
比較ビズでは失敗できない発注業務を全力で支援します。

日々の営業活動で
こんなお悩みはありませんか?

そのお悩み比較ビズが解決します!

詳しくはこちら
お電話での見積もりはこちら