偉人の名言から学ぶ朝礼ネタ

benjamin-disraeli

「自分の過ちを認めることほど難しいものはない。事態を解決に導くには、素直に自分の落ち度を認めるのが何よりである。」

~ベンジャミン・ディズレーリ~

出典元:http://meigen-ijin.com/benjamindisraeli/

ベンジャミン・ディズレーリとは?

ベンジャミン・ディズレーリ(1804年12月21日生れ)は、イギリスの政治家。首相としての在任は1868年と1874~1880年。ヴィクトリア期のイギリス政党政治を牽引した。また、小説家としても活躍した。

他人の過ちは、もう見たくないと思っても、いくらでも目に付いてしまうものです。

しかし、いざ自分の過ちとなると、本当はしっかり見えているにも関わらず、目を覆い、いわゆる「見て見ぬふり」をしてしまいがちです。

その場では見て見ぬふりでしのげたとしても、いずれ必ず、自分自身に致命傷としてかえってきます。

負の芽は、早い内に摘んでおいた方が自分のためです。

なにかに失敗したり、困ったことがあれば、見て見ぬふりをせずに、しっかり取り除いておきましょう。そのために、周囲のアドバイスや助けが必要なときは、すぐに相談するようにしてください。

オンラインメディア「BIZ HACK」の編集長
オンラインメディア「BIZ HACK」の編集長 仕事の発注・受注ができる日本最大級BtoBマッチングサイト比較ビズを運営

コメントは受け付けていません。