偉人の名言から学ぶ朝礼ネタ

drucker

「直感に頼ることなく、明確でシンプルな事業の定義をもつことが、成功する事業の特徴である。」

~ピーター・ドラッカー~

出典元:http://iso-labo.com/labo/words_of_drucker.html

ピーター・ドラッカーとは?

ピーター・ドラッカー(1909年11月19日生れ)は、アメリカの経営学者。自身では「人間によってつくられた人間環境に関心を持つ『社会生態学者』」と規定している。日本での著書売り上げはダイヤモンド社刊行分だけで累計400万部以上と日本人からの支持が強く、また彼自身も日本の文化を好んでいた。2005年11月11日逝去。95歳だった。

営業活動をしていて、「この会社は、うまくいきそうだ!」と、”ピン”ときた経験はありませんか?

営業先の社員の対応や、社内の雰囲気、はたまた、ビルの外観を見ただけで感じることもあるかもしれません。

そういう直感が働いたときは、自分の提案にも自身がもて、よい結果となることが多いものです。

しかし、直感は、何の根拠もない状態では生まれません。

「提案する事業は、この会社にとって絶対に有益だ」という自信や、「自分の話術で相手を引き込んでやるぞ」という気合いが、直感を生むのです。

このようにして生まれた直感は、相手により歩み寄るために、自分の背中押してくれる大きな『きっかけ』となるのです。

もちろん、いい直感がある分、悪い直感もあるでしょう。すべてがうまくいくわけではありませんが、どんどん「いい直感」が生まれるよう、自分自信にたくさんの「根拠」を蓄えてください。

オンラインメディア「BIZ HACK」の編集長
オンラインメディア「BIZ HACK」の編集長 仕事の発注・受注ができる日本最大級BtoBマッチングサイト比較ビズを運営

コメントは受け付けていません。